慰謝料のおすすめの使い方

こんにちは、ひかりこです。

わたしは結婚詐欺師から裁判をした結果、慰謝料をもらうことで終了しました。

慰謝料=わたしの時間と考えていたわたしにとって、一番良い使い方を考えた結果、

これでよかった!と思える方法をお伝えしていきたいと思います。

皆さまの置かれている状況によっては使い方は色々とあるかと思いますが、後腐れなくすっきりしますよ!

モノにも意識はあるということ

慰謝料をもらった後、弁護士から進言を受けました。

弁護士くん

ひかりこさんは大丈夫と思いますけど、

慰謝料の使い方には注意してくださいね、念のため。

わたし

ん??それって、高い時計とか買っちゃうとかですか??

何を注意するべきなのかよくわからず、高い時計とか慰謝料全額で何か買っちゃうことなのかしら?と不思議に思って質問したわけです。

弁護士くん

時計とか資産になるようなものでしたらいいけど、

気が大きくなって一晩で飲み屋さんで使っちゃう人がいたりするんですよー

なるほどね。

急に大金が入っちゃうとそうなってしまう人もいるのかも知れないなと。

でもわたしの手にしたお金は、たかだか150万円。そのうちにわたしが結婚式で立て替えた費用を除くと120万程。宝くじが当たったかのような大金ではない。

しかも棚からぼた餅のお金ではない

わたしのプライドをかけたお金だ。

この言葉を受けて、これからの慰謝料の使い方をちょっと考えてみた。

サクッと簡単な手放し方

物にも意識がある」という言葉を以前聞いたことがあった。

思い出して嫌な感じがするものは、さっさと手放すことが大切だということ。

確かに、ずっと昔に彼氏からもらったネックレスとかもったいないなと捨ててはいなかったけど、これも捨てるべきなんだろうと捨てたし、

中途半端な別になんの思い入れもない写真もいつか記念になるなと思ってとっておいたけど、こういうものも全部その時に捨てたけど、なんの後悔もない

ものが溢れすぎていると、大切なものが逆に何かわからなくなるなってその時わたしは思ったのです。

ものを捨てるのが苦手な母(まあ戦後のものが少ない時に祖母に育てられたのである意味仕方ないけど)で育ち、「いつか使える」という教育を受けてきたのでものを捨てることに罪悪感がずっとあった。

それでも思い出して、嫌な気分を呼び起こすものはどんどん処分した。

将来的に使えそうなものもあったけど、捨てた。

でも捨てた物に今でも後悔は全然なくて、もはや何を捨てたのかまで多すぎて記憶にない笑(これが現実です、はい)

だから、わたしは慰謝料を「形に見えるモノ」にだけは絶対にしたくなかった

例えば、ちょっと良いバッグを慰謝料で買ったとしたら、

「慰謝料(結婚詐欺にあって散々泥沼の思いをした)のお金で買った」ということを、無意識的に感じてしまう気がしてならなかった。

実際に、潜在意識でそのように感じるらしい。

モノにするのはやめよう!

それこそ、騙されて借金した人は慰謝料をそこに当てればいいと思うし、

弁護士くんはおすすめしなかったけど、これで全て終了!綺麗さっぱり!!という気持ちを持っていれば、飲み屋で一晩で使ってしまうのも、悪くはないと思う。

わたしの慰謝料の使い方は??

とにかく上記に書いたように、モノにする気はさらさらなかったのでいざ何に使おうかと考えた。

そういえば、裁判中に詐欺男が嘘ばかりついて、十分に心が休まる時間がなかった。

だから以前から行ってみたい土地があって、国内だからすぐに行けるしそこで地元の美味しいものを頂いて、大好きな大きなお風呂(温泉)に入って、

わたし長期間頑張ってお疲れ様!!この経験をバネにしてもっと人間的に成長していこう!!ととにかく自分を労り、未来の構想を練った。

そして、わたしは美術館が好きなので美術館にも足を運んだ。

裁判中はとても落ち着いて、世界に行かない限り見られない絵をゆっくりとみる心の余裕なんてなかった。

死ぬまでにもう見ることができるのが最後かも知れない絵画をボーッと見るのは嫌だったから。

だから心ゆくまで、美術館を堪能した。

もちろん幾らかは生活費にもなったけど、健康な体、幸いにして住む家もあったしご飯も食べることができていたから、明日の生活が今すぐにどうこうなるというわけではなかったので、

残りのお金は、自分が使って欲しいと思う団体に寄付をした。それほど大した額ではないけれど。

未来の自分に投資できる使い方をしよう!

これがもう3年以上前になって、今はコロナ離職して、この夏には癌になる異形成部分を切除する手術をしたけれど、

この使い方に何の未練もなく、我ながら良い使い方ができたと思っています。

何でも巡り巡っていると思いませんか?

「お父さんの若い頃に着ていた服を着ている」という若者が多いそうです。チェスターコート等を大きめ目にダボっと着るのが今の流行りだと。

洋服もメイクも時代を巡っている。

お金だって、お金にとって一番良い巡り方は「正しい使い方」をすることでよい巡りが生まれて然りと感じるのです。

因果応報とかカルマとか、そういうスピリチュアル的なことはよく私にはわかりません。

ただ昔からそう言われているということは、話が一旦飛んでしまうけど、

誰かからお金を騙して(早い話、詐欺的なことですが)、手にしたお金というものは自分にもまた悪い形で巡り巡ってくると。

だから結婚詐欺師やオレオレ詐欺なんてやって手にしたお金って、その時は最高ハッピー騙される奴が悪いと思っているかもしれないけど、

それが自分の大切な家族や自分の子孫に遺恨を残すかもと思うとただ愚かなことになると。

ほんと結婚詐欺とかやっている人、やめません??

まとめ

それぞれ置かれている状況や立場が違うとは思いますが、

ある程度の生活が成り立っている方であればモノにすることはおすすめしません。

それよりも自分が何をすれば、未来に向けて頑張っていけるか?そこをよく考えて慰謝料を使った方がいいです。

わたしの場合は旅行や美術館で自分を労って、未来を生きていく方向を。

人によっては、資格を取得したりということもあるかと思います。

深呼吸をして考えてね!

ゆっくり深呼吸して、未来につながる何かに慰謝料を使っていくと、本当に何の後悔もわたしはありません。

健康な心と体があれば、お金を稼ぐことができます!

そこに注視して慰謝料の使い方を考えてみてはいかがでしょうか?

あなたの幸せを祈っています。

あなたの少しだけでも「光」になりたい、ひかりこでした。

今日もありがとうございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください