簡単!メンタルを強くしたい!おすすめの方法!

こんにちは、ひかりこです。

私は裁判中に上下するメンタルに非常に悩まされました。

自分の言いようをことごとく否定され、相手は嘘をつき、メンタルが疲弊しても当然なのですが、その当然を受け入れることは当人にとっては容易では決してありません。

私は裁判が終わった今でも、

気持ちが落ち込んだ時の方法のひとつとして取り入れている方法があります。

これでメンタルを強化できること間違いなしです!

うつ病にも効果があるという日光浴?

なんとなくしんどい・・

よく耳にするかと思いますが、うつ状態にあるときは「セロトニン」が著しく低下していると。

ではセロトニンとはなんでしょうか?

セロトニン、別名5-ヒドロキシトリプタミンは、必須アミノ酸トリプトファンから生合成される脳内の神経伝達物質のひとつで、動植物に広く分布する生理活性アミン、インドールアミンの一種。名称はserumとtoneに由来し、血管の緊張を調節する物質として発見・名付けられた。 

引用元: ウィキペディア

難しいことを書いていますがシンプルに言うと、

セロトニン=幸せホルモンです。

うつ病予防や軽いうつの人が推奨されている方法としてよく聞くのが、

  • 朝起きたら日光浴
  • 食べ物(トリプトファン系)
  • 考え方を変える
  • 運動

朝起きたら日光浴は、

わたし

朝起きたらカーテン開けるけど、肌が弱いから日焼け怖い!

食べ物に関しては、

わたし2

何がいいのかいまいちわからない!

考え方を変えるには、

わたし3

そんな考え方を簡単に変えられたら苦労しない!

運動については、

わたし4

そもそも運動が苦手!!

という何ともヘタレた根性だけは一人前だったのです。

ヨガなんて、ずっと前に通っていたジムで体が硬いながらも一生懸命やってたのに、スタジオルームがいっぱいすぎて、隣にいたおば様から、

「そんなに動かないの。こんなに人多いから別のやればいいのに」と言われる始末。

が、今はデジタル社会。

カモン、YouTubeさまです!!

みんな知ってる!〇〇体操でセロトニン活性させよう!

気持ちがしんどいし、外出する気分になれない。

裁判を抱えていなくてもそんな日だってあります。裁判を抱えている日々って、私は毎日心が宙に浮いているような感覚がありました。

そんな時知ったのが、ラジオ体操のような全身運動をするとセロトニン活性させると。

運動苦手な私は、ラジオ体操か・・中学生の時にラジオ体操のテストさせられたな・・というあんまり面白くない感覚。

そこでセロトニントレーナーの資格を持っている方から、

知人

ボクササイズもいいよ

ボクササイズ!!

昔ジムでやってた時、めちゃくちゃきつかったけど楽しかったやつでした。

そこで登場、YouTubeさま。

自宅で一人。誰の目も気にせず、すっぴんで髪もぼさぼさでもOK。

やる気がわかないとき、無駄に負の無限ループにはまったとき、私はボクササイズをやるようにして心の均等を保つ努力をしたのです。

10数分間集中して体を動かすことで、不思議と心も体も軽くなるのです

セロトニン活性!全身運動をやる時のポイント

ボクササイズやラジオ体操でなくても、ストレッチやヨガでもいいそうです。

セロトニントレーナーの人から伺いましたが、朝から散歩も推奨されるそうですが、何も考えずに淡々と歩くことが重要で近くにそんな散歩コースが私にはありませんでした。

好きな人はダンスとか。今はコロナの影響かYouTubeには色んなエクササイズがあります。

マンションだから飛んだり跳ねたりできなくてもOKな動画もたくさんありますから、一度自分が楽しんでできるものを探してみるのも良いかもしれませんね。

ポイント

無理をしすぎない事!やりすぎは逆効果に!

20~30分までを目安に!運動しだして約5分後くらいからセロトニン活性化!

ただもう外出もしたくない気分の時に、一人動きが遅れていても気にしなくても良し。

気分によってやる運動を変えても良し。

何も考えずに体を動かすことだけに数十分集中してみてください。

みんなでやるエクササイズもそれはそれで良さがきっとあると思います。ヨガも再チャレンジしたいなぁと思いつつも、正しいポーズをとれるようになりたいから、いつかきちんと先生に習えたらなと思っています。

メンタルの病には偏見を持ちがちな日本人

もうダメだ・・

以前、心理学者・臨床心理士の植木理恵先生の講演会に行ったことがありました。

そこで「趣味が10個ある人はうつ病にはならない」とおっしゃっていました。

別の臨床心理士の松島雅美先生のお話も伺ったことがあるのですが、「日本は病気になってからカウンセリングが必要とされるけど、海外では病気になる前にカウンセリングをする」と。

趣味が10個もなかなかすごいですが、確かにそのくらいあれば心の健康を保てそうだし、女優の竹内結子さんが亡くなったニュースを見ていると、

「ハリウッドには専門のメンタルチームがいるから日本も同様に・・でも日本では敷居が高く感じられている・・」とコメントしている先生もいました。

私自身、心療内科にお世話になっていたこともありますし、あまり心の状態が酷くなりすぎる前には専門医の受診をおすすめします。

心が弱いことを恥ずることはないと思います。

誰になんと言われようと、この世にはあなたの代わりなんていないのですから。

まとめ

心が崩壊する前に、今日ご紹介した全身を使う運動(リズム体操)を10〜15分試してみてください。

想像以上に「動きに全力集中」することで、気持ちがパッと晴れたりします。

もちろんそれが無理なら深呼吸を。

いつもより丁寧に深呼吸

普段よりもしっかりと肺に息を入れる気持ちで、おへその下辺りに力を入れて大きく深呼吸を。

生きているとしんどい事もありますが、一旦体をがむしゃらに動かしてみてくれませんか?ものは試しに・・。

このブログを読んでくださっているということは、ネットの環境がおありでしょうから!

あなたの「光」になりたいひかりこでした。

いつもあなたの幸せを願っています。今日もありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください